8月になり、ついに夏本番を迎えました!
今年の夏は冷夏?などと言われておりましたが、ほぼ平年と変わりがなさそうですね。
そこで今月は、この時期に必ず話題になる「夏バテ」についてお話いたします。

こんな症状は夏バテのサイン?!

自律神経の失調により招かれる、夏バテの代表的な症状はこちら!

この季節にこれらの症状が続くとなると、それは夏バテの可能性が高いかもしれません。

無意識にやっていませんか?夏バテになりやすい生活習慣

夏バテを招きやすい生活習慣・・・あなたは大丈夫ですか?

生活習慣その1

暑いので、食事は冷たい食べ
ものばかりになってしまう
清涼飲料水などの冷たく
甘い飲み物につい手が伸びる

直接内臓を冷やしてしまうので、過剰に取ってしまうと血行不良となり、胃腸の働きが鈍くなります。
また、甘い飲み物は糖分によって空腹を感じなくなるため、食事による必要な栄養が吸収されづらくなります。

生活習慣その2

夜更かしを
することが多い
就寝時に冷房をつけることを
我慢してしまう

睡眠不足は夏バテに限らず、健康な生活に悪影響をもたらします。疲労回復や免疫力の維持を妨げます。

生活習慣その3

冷房の効いた部屋で長時間過ごしている
寝るときは朝まで冷房をつけっぱなし
入浴はシャワーで済ませてしまうことが多い

「夏=暑い」という事実に反して、現代の私達の生活では、無意識に体を冷やしてしまう可能性が非常に高いのです。
過度の冷えは自律神経のバランスを乱すため、下がった体温を再び上げることができなくなることも。
「頭が重い」「だるい」といった症状にもつながりやすくなります。

生活習慣その4

日頃あまり運動をしない

習慣的に運動をしている人に比べ、そうでない人は暑さなど環境の変化で自律神経のバランスを乱しやすい傾向にあるそうです。

さて、心当たりはありましたか?
近年では、冷房を控える代わりに冷たいものを取りすぎてしまうなど、
節電・エコ意識が高まっているが故に、夏バテになってしまうということも・・・。
やはり、適温を心掛けることが大切ですね。

夏バテ予防・解消のために心がけたい6つのポイント!

ポイント01

生活のリズムを整える

睡眠を十分に取り、体をしっかり休める。
寝やすい環境づくりを心がける。

ポイント02

適度な水分補給を意識する

我慢しすぎても取りすぎても駄目。
冷たい飲み物・甘い飲み物には注意。

ポイント03

冷たい飲食物をとりすぎない

冷たい食事のあとは、温かいお茶を飲むなどの工夫を。

ポイント04

栄養価の高い食事を取る

どうしても食が進まないときは、食事の「回数」より「質」を重視。
豆腐などの食べやすい食材でタンパク質を摂取。
ショウガや根菜類を上手に取り入れて、体を温める。

ポイント05

入浴は、湯船に浸かって体を温める

お湯に浸かることを敬遠しないで、ぬるめのお湯(38〜40℃程度)で、気づきにくい体の冷えを解消。
クールタイプの入浴剤で湯上がりさっぱりと。
お湯で温められた体温が低下 = より寝付きやすい環境に。

ポイント06

室内での過ごし方に気をつける

冷房は我慢しすぎても利用しすぎても駄目。
冷えすぎるオフィスでは上着やひざ掛けなどを活用。
適度に体を動かす習慣を。

これらの対策も大切ですが、どうしても辛いときには市販の栄養剤・胃腸薬などを上手に活用しましょう!

一本堂のおすすめ!からだにやさしい「恵命我神散」

「胃の働きが鈍い」「食欲がわかない」などでお悩みでしたら、ぜひお試しください。
食欲不振、消化不良、胃弱、食べ過ぎ、飲み過ぎ、胸焼け、胃もたれなどに、穏やかで優れた効き目を表します。
胃腸の粘膜の血流を改善します。
胃腸の動きを高め、消化を促進します。

詳しい商品情報はこちら