日差しが強く気温も上昇して暑い日が増えてきました。近年は更に気温の上昇度合いが高いように感じられます。
「高温注意報」の発令など、熱中症の予防意識も高まっている中、本格的な暑さを迎える前にもう一度その原因と対策についておさらいしてみましょう。

女性のイラスト

熱中症はどのようにして起こるのか?

熱中症を引き起こす3つの条件

環境
気温が高い、湿度が高い、風が弱いなど
からだ
高齢者や乳幼児、栄養不足、体調不良など
行動
激しい運動、長時間の屋外作業、水分補給ができない状況など

元から体内の水分量が少ない高齢者、
代謝が活発で水分が奪われやすい乳幼児は特に注意!

参照元:環境省熱中症予防情報サイト

熱中症の症状とは?

こんな症状には注意です!

  • めまい、顔のほてり
  • 筋肉痛、筋肉の痙攣
  • 過度の発汗、
    または全く汗をかかない
  • 体のだるさ、吐き気
  • 体温が高い、皮膚の異常
  • 呼び掛けに反応しない
  • 自分で
    水分補給ができない

参照元:熱中症ってどんな症状?|熱中症ゼロへ

もし「熱中症かな?」と思ったら

応急処置、大切な3つのポイント

  • 涼しい場所へ移動する
  • 衣服を脱がし
    体を冷やして体温を下げる
  • 塩分や水分を補給する

以上の応急処置を行い、病院などの医療機関へ相談しましょう。

参照元:熱中症ってどんな症状?|熱中症ゼロへ

熱中症を予防するには?

「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。

ポイント1

こまめな水分補給を心がけましょう。
のどの渇きを感じなくても、水分をとるようにしましょう。

ポイント2

外出時には日傘や帽子を!
日傘や帽子を着用することで直射日光を避けられます。
なるべく日かげになる場所で活動したり、こまめな休憩をとるようにしましょう。

ポイント3

衣服の工夫や、冷却グッズを活用しましょう。
衣服は麻・綿などの通気性のよい生地を選びましょう。
冷却シート・スカーフ、氷まくらなどを利用するのもいいですね!

ポイント4

室内環境にも気をつけましょう。
扇風機・エアコンを使い、室温を適度に下げましょう。
冷房機器の利用を無理に我慢すると、体調を崩す可能性もあります。

以上、参考にしていただければ幸いです。
熱中症やその対策への正しい知識を身につけ、この暑さを乗り切っていきましょう!