活蔘の商品画像 活蔘の商品画像 活蔘の商品画像

肉体疲労時などの栄養補給、滋養強壮に!

商品名:

活蔘

ブランド:明治

ストレスの多い現代社会の中では、肉体疲労に
加えて精神疲労も多くなり、体がだるい、疲れる、
朝起きるのがつらいなどということがよくあります。

 

活蔘は、現代人のニーズに応え、肉体疲労時などの
栄養補給・滋養強壮にぴったりな医薬品です。
植物性生薬、動物性生薬のロクジョウ(鹿茸)、
ビタミンB2・B6・ニコチン酸アミドなどをバランスよく配合しています。
6年根高麗紅蔘は高麗紅蔘の中でも有効成分を豊富に含み、

多くのサポニンが確認されています。

 

6年根高麗紅蔘とは?
通常の高麗人蔘は、栽培年数4~5年のものがほとんどです。
高麗人蔘の葉は1年目に1本、2年目に2本と増えていき、6年目に6本となりますが、それ以上は増えません。

4年目にはじめて花が咲きます。6年目になると、根の上部や主根など各部がバランスよく成長し、

根全体の重量も4年根の2倍ほどになり、サポニンをはじめとする栄養成分も豊富になります。
しかし7年目からは病虫害に対する抵抗力も弱くなり、栄養価値も著しく低下してしまいます。
5年目でも7年目でもなく6年目に大きな意味があるのです。

【効能・効果】

肉体疲労、病中病後、食欲不振、栄養障害、発熱性消耗性疾患、産前産後などの場合の栄養補給、滋養強壮、虚弱体質

【用法・用量】

ドリンク(活蔘28)
成人1日1回1瓶を服用して下さい。
15歳未満は服用しないで下さい。

 

丸剤(活蔘力)
成人(15歳以上) 6丸
7歳以上15歳未満 3丸
上記の量を1日1~3回に分けて
服用して下さい。
7歳未満は服用しないで下さい。

スタッフコラム

麹町店:岩山 久子(薬剤師)
『【6年根高麗紅蔘 今昔譚】いつの時代にも渇望される「自己愛の薬」』

 

・新板橋店 副店長:面川 大地
『活蔘(カツジン)で、疲れやストレスを吹き飛ばし、元気な毎日を!』

 

下北沢店 店長:高野 俊行
『年末の疲れに、活蔘(カツジン)!』

 

麹町店:岩山 久子(薬剤師)
『活蔘と自律神経』

 

麹町店:岩山 久子(薬剤師)
『人生の活力』