各地がどんどん梅雨入りし、これからどんどん気温が上昇します!
これからの時期は、1年で最も食中毒に気を付けなければなりません。

食中毒は大きく3つに分けられます。
細菌性食中毒

食中毒菌が食品の中に混入した事によって起こります。


例)カンピロバクター・黄色ブドウ球菌・サルモネラなど

ウイルス性食中毒

ウイルスが蓄積している食品を飲食したり、人の手を介したるすることで起こります。


例)ノロウイルスなど

自然毒食中毒

動物性・植物性の毒によって起こります。


例)ふぐ・貝・毒キノコなど

特に夏場は「細菌性食中毒」の発生が増加するので、注意が必要です。

食中毒予防の3原則 菌・ウイルスを「つけない・増やさない・殺菌する」
家庭でできる予防策はこちら!
●買物をする際は・・・

・消費期限を確認する。
・肉や魚、生鮮食品は最後に買う。

●家庭での保存

・冷蔵、冷凍の必要な食品は直ぐに冷蔵庫・冷凍庫で保管する。
・肉や魚などの汁が他の食品に付着しないよう注意をする。
・冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下を保ち、詰め込みすぎに注意する。

●調理をする前に

・石鹸を使い、手を丁寧に洗う。
・野菜などの食材を流水できれいに洗う。
・冷凍食品の解凍は冷蔵庫や電子レンジを利用し、自然解凍は避ける。
・冷凍食品は使う分だけを解凍し、冷凍や解凍を繰り返さない。

●調理の際は

・生肉、魚、卵を触ったら手を洗う。
・肉や魚は十分に加熱する(加熱の目安:食品の中心部を75℃で1分以上)

●食事の際は

・食べる前に石鹸使って手を洗う。
・作った料理は長時間室温に放置しない。

●残った食品は

・清潔な容器に小分けして、冷蔵・冷凍庫に保存する。
・温めなおす時も十分に加熱する。
・ちょっとでも怪しいと思うものは、食べずに捨てる。

6月以降に増える原因菌(※)の特徴は・・・
名称 カンピロバクター ブドウ球菌 ウェルシュ菌
特徴 空気にさらされると死滅するが、10℃以下の環境では生き続ける。 熱や乾燥に強く、酸性やアルカリ性が強いところでも増殖する。 空気のないところを好み、大量の食材を調理するときに起こりがち。
原因食品 鶏肉(刺身&半生製品)、半生レバー及び加熱不足の鶏肉など おにぎり、弁当類、菓子類など 肉類や魚介類を使った、たんぱく食品など
主な症状 下痢、腹痛、発熱、頭痛、悪寒、嘔吐など 悪心、嘔吐など。症状は通常24時間以内に改善する。 腹痛や下痢、吐き気
潜伏期間 2~5日間 0.5~6時間 6~18時間

※2012年 厚生労働省の調査による

一本堂おすすめ商品

幅広いバイ菌をしっかり殺菌・消毒し、手肌を清潔に!

キッチンミューズ 本体 250ml(医薬部外品)/つめかえ用 200ml(医薬部外品)

手についた肉や魚のニオイもすっきり落とします。
すすいだ後は石鹸の香りが残らず、食べ物への香り移りもありません。
調理中でも安心してお使いいただけます。

気になるときに手軽に簡単、しっかり消毒!

レンカ 薬用ハンドジェル 300ml(指定医薬部外品)

ジェルを手指にすり込むだけで、簡単に隅々まで消毒できます。
お子様からお年寄りまで、幅広くお使いいただけます。

食中毒かな?と思ったら・・・

嘔吐や下痢の症状は、原因物質を排除しようとする体の防衛反応です。
市販の下痢止めなどのむやみな服用により、原因菌が体内に留まってしまい、
症状が悪化する恐れも考えられます。

乳幼児や高齢者の方は症状が重たくなりやすいため、特に注意が必要です。
早めに医者の診断を受けるようにしましょう。

一本堂の便利なサービス

ポイントカード

500ポイント貯まると500円商品券をプレゼント!入会金・年会費無料のお得なカードです!

メルマガ配信

ポイントカードをお持ちの方限定!会員になるとシークレットセールのクーポンを受け取れます!

カタログ販売

対象エリアの方限定!
お電話1本で楽々注文♪