これってもしかして夏の疲れ?

食欲がなく
胃がもたれる
体がだるい
ドッと疲れが出る
めまい、立ちくらみ
頭がボーっとする
寝不足で、朝すっきり
起きられない

こんな症状がある場合は、体が夏疲れしている可能性があります。

夏の疲れの主な原因

冷房による自律神経の乱れ

室内と外気との温度差に体がついていけず、自律神経が乱れ、体の不調をきたしてしまう。

冷たい物の取り過ぎ、簡単に食事を済ませる

夏場は「暑いから」「食欲がないから」という理由で、食事を抜いたり簡単なもので済ませがち。
また、冷たい物の取り過ぎで胃の働きが弱くなり、さらに食欲不振に。
その結果、栄養不足となり、体調不良に陥ってしまう。

こうした夏場の生活習慣が、秋口になって、ドッと疲れが出る、だるさが取れず疲労感がある、等といった体の不調に現れてきます。

夏の疲れをリセットする5つの方法

その1

栄養バランスの良い食事を摂る

なるべく冷たい物は控え、温かい食べ物・飲み物を摂り、1日3食をバランス良く。
胃腸に負担をかけないよう、よく噛んでゆっくり食べる。
疲労回復や体調維持のため、ビタミン・ミネラルの補給も。

その2

ぬるめの湯船にゆっくりと浸かる

シャワーだけで済ませず、38〜40℃のぬるめのお風呂にゆっくりと入る。
副交感神経が優位になり、一日の疲れも取れ、リラックスして夜もぐっすり睡眠へ。

その3

質の良い睡眠を心がける

入浴は1時間前までに、ゆっくり浸かって心と体をリラックス。
寝る1時間前から徐々に部屋の明かりを暗くする。パソコンや携帯電話・スマホはなるべく使用しない。
寝る直前の室温は、夏なら25℃、冬なら18℃、湿度はともに50%くらい。
朝一番に日光をしっかり浴びる。朝の散歩やウォーキングも効果的。

その4

軽い運動でリフレッシュ

軽い運動で体を活性化させ、自律神経の乱れを整える。
20〜30分ほどの散歩やウォーキングがおすすめ。

その5

冷房の温度設定に気をつける

外気との温度差を5℃以内に。
カーディガンやひざ掛け、靴下、腹巻きなどを活用し、自身で温度調節も = お腹まわりや下半身の保温は大切。

いかがでしょうか?
これらの方法を実践してみて、それでもなんだか良くならないときは、市販の栄養剤や胃腸薬などを活用してみましょう!

一本堂のおすすめ!高麗人参を配合「活蔘」

活蔘高麗人参には自律神経をはじめとした身体の機能を正常に戻す作用があります。
肉体疲労、滋養強壮、栄養補給、食欲不振、虚弱体質など、現代人が抱えるストレス性の症状に特に優れた効果を発揮します。
「なんだか体がだるい」「疲れが取れない」「朝起きるのがつらい」などでお悩みの方、ぜひお試しください。

詳しい商品情報はこちら

一本堂のおすすめ!からだにやさしい「恵命我神散」

恵命我神散「胃の働きが鈍い」「食欲がわかない」などでお悩みでしたら、ぜひお試しください。
食欲不振、消化不良、胃弱、食べ過ぎ、飲み過ぎ、胸焼け、胃もたれなどに、穏やかで優れた効き目を表します。
胃腸の粘膜の血流を改善します。
胃腸の動きを高め、消化を促進します。

詳しい商品情報はこちら